お菓子の家ならぬ、シャンパンの家?12,000本の空き瓶を使って家を建設!

Share

昨年のクリスマスは、ワインの空き瓶を使用してクリスマスツリーを造った写真が、世界中のSNS上で流行っていました。しかし、なんと、ワインの空き瓶で家を丸ごとを造ってしまった強者が現れました。

スポンサーリンク

シャンパンの空き瓶12,000本を使用したシャンパンハウス

ロシア人男性のEldar Ilchibayevさんと彼のお父さんは、2年の歳月をかけて、シャンパンの空き瓶12,000本を集めました。さらに、近隣の住民達もこの壮大な計画に賛同し、空き瓶の寄付をしてくれたようです。

家の骨組みは木材が使われ、空き瓶の間はコンクリートでしっかりと固めています。

このプロジェクトは、Eldar Ilchibayevさんの亡くたったご兄弟のアイディア。ご兄弟が無くなった後、彼への記念碑として作成されました。この「シャンパン・ハウス」は、今では地元の人気スポットとなり、多くの観光客が訪れているそうです。

もし仮にEldar Ilchibayevさんがこの必要なシャンパンボトルを一人で飲みきって集めなければならなかった場合、1年間かけて毎日32本のボトルを飲み干さなくてはいけない計算。これではアルコール中毒で死んでしまいますね。

ワインボトルを使った様々なアート集

ワインボトルの空き瓶を使った(家庭でも出来る!?)様々なアートをご紹介します。

シャンデリア

お洒落なシャンデリア。色々なボトルカラーの空き瓶を使えばよりお洒落になりますね。

バードフィーダー(鳥の餌台)

これもお洒落なバード・フィーダー。ボトルをカットするのが難関。でもマンションなどの集合住宅には向かないかもしれますん。庭の大きな一軒家があるお宅は是非、お試し下さい。素敵な鳥が集まってくれればいいのですが!

花壇

これは素敵!ボトルさえカット出来れば、家庭でも使えそうですね。下に水溜めがあり、水を吸い上げることが出来るのもgood。

ボトルチェア

これは高難易度。まずは骨組みが素人では作れません。。そしてクッションを敷かなければ、おそらく痛くて使えません。そしてクッションを敷くとせっかくのボトルが見えなくなる!これは実用的ではなく、完全あるアートですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です